警察庁と国土交通省


霞ヶ関でもひときわ大きなこの建物には、警察庁と国土交通省が同居している。

建設省と運輸省、それから国土庁に北海道開発庁とが合併し、公共事業の8割を握るといわれる国土交通省が誕生した。その国土交通省と警察庁が同じビルに入っているのである。

ところで、この建物の建築中に、作家の猪瀬直樹氏がテレビカメラを引き連れての立ち入り調査を行った。その結果、地下に建設中だった災害対策用の受水槽が、実はスイミングプールであることが明らかとされた。そうしてスイミングプールは文書保管室に変更された。


2002春
東京 霞ヶ関