警官の性犯罪

 警察官の性犯罪がとまらない。権力を傘にした悪質なものから、情けない痴漢や盗撮までなんでもありだ。
 罪を犯すものは、ベテランから新入社員(各地方警察職員は組織を“会社”と呼ぶ)までさまざまだ。
 このありさまは、とうてい「一部の警察官の不祥事」で済まされるものではなく、警察官を性犯罪に走らせる要因を分析するべきだろう。
 その要因のひとつは、警察という“会社”に伝統的な強い女性蔑視の社風があるからだろう。


2005年夏
横浜市内某所