自動車大国の憂うつ

世界に名だたる有名メーカーを抱えるニッポンは、ドライブをするにはとても窮屈な国だ。

テレビは刺激的な交通事故をセンセーショナルに報道し、ラジオのDJは15分おきに安全運転を呼びかけ、そして警察は「交通違反は犯罪だ!」と大々的なキャンペーンを行っている。

まともに聞いていたら、息苦しくなるほどだ。でも、大多数のドライバーは、これがタテマエに過ぎないことを知っている。それと同時に、「空虚な規制」を振りかざす警察にあきれている。

→規制速度の国際比較
クルマ編原付き編


2005年12月
写真は合成イメージ