ナンセンスな遮音壁

テレビがうるさいから ――― といって“ついたて”を立てる人はいないはずだ。密閉しなければ、音を遮断することはできないからだ。

一方、道路では、クルマの騒音に対応するための“ついたて”に多額の費用が注がれている。

このように、騒音についても「道路は道路」で対応しようとするのは、中央省庁のたて割りが原因だ。

・道路(ハード):旧建設省

・車両(ハード):旧運輸省

・運転(ソフト):警察庁

道路のあちこちに立てられた防音壁は、視野をさえぎり、ドライバーにストレスをあたえている。

カーブ区間では100m先の異常事態までも遮ってしまうため、多重事故を誘発することもあるだろう。

一方、警察にとっての騒音問題は、非現実的な速度規制を正当化する材料にされているかのようだ。

 

参照→騒音車両を取締らない理由


2005年撮影
首都高