• この繁華街の道路は、月-土曜日のなら1時間、日曜は何時間でも無料で駐車可

  • 4車線相当の幅があるこの道路は、一方通行とされ両側に駐車が可能

  • 一方通行なら片側だけ見ればいいので、歩行者は道路をより安全に横断できる

  • 徹底した駐禁政策と改正大店法によって、日本の商店街が壊滅するのは当然

  • ハワイに限らず海外都市では、道路を短時間の駐車スペースとして積極的に利用している

一方通行とパーキング・ゾーン

欧米都市の道路には、一方通行があちらこちらに使われている。

一方通行路は安全面からもきわめて合理的だ。なぜなら、対向車と向き合わなくてよいからだ。

対向車を気にせずターンできるでので、交差点の安全性は相互通行の比ではない。信号制御もシンプルにできるので、交通の円滑の面からも望ましい。

また、歩行者も片側だけに気を配ればよいので、横断が安全にできる。さらには、寂れゆくシャッター通りに賑わいを取り戻す起爆剤にもなり得るだろう。

とにかく一方通行は良いことだらけだ。

さて、わが国では、開拓時代に街づくりが行われた札幌や、空襲で焼け野原になった後、整理された銀座など、大昔には、欧米のように一方通行でコントロールされた街づくりがなされていた。

しかしどうやら、この国では一方通行による街づくりはやめてしまったようだ。

新横浜改造計画