全国一律のまちづくり

地方自治体の公共事業は、法律と国土交通省が用意した補助金の〝メニュー〟をもとに、その計画が練られている。

自治体の公益事業に独自色がなく、全国一律の横並びとなるのはこのせいだ。なお、バブル末期に全国にテーマパークが乱立した理由もこれだ。

さて、道路については、国土交通省の所管する道路構造令によって、その規格が細かく決められている。そして現在の規格では、両側に十分な幅の自転車歩行車道、立派な植樹帯による歩車分離、そして、一定の交通量なら2車線にし、かつ、中央分離帯が義務付けられている。

駐車場法に基づく路上駐車場(パーキング・ゾーンなど)が設置されることはない。

 

無料のパーキングゾーン一方、欧米では無料のパーキングゾーンや無料の駐車場が整備されている。

2006年7月 城南島海浜公園に隣接する道路