白バイ隊員のカツアゲ

トンネル内でクルマにアオられまいと流れにのっていた原付バイクを、白バイが速度違反で検挙する場面を目撃した。

やり方がキタない、と追求すると、「法律に文句言えっっ!」と取り合おうとしない。

そこで神奈川県警の第一交通機動隊に電話し、副隊長のイイダと名乗る人物に、取締り方針について質問した。

副隊長は「交通安全のため」とその大儀を繰り返し、ノルマ(数値目標)の存在を否定した。

参照→交通取り締まりのノルマ

このように、交通安全という大儀を盾にすることが、カツアゲまがいの取締りを合法的なものとしているのだろう。

参照→原付バイクはカモだった

2006年4月21日12:55
横浜 山手トンネル