江の島大橋のゼブラゾーン

ここ数年、むやみにゼブラゾーンを書き増した中央分離帯や中央線が増殖している。

そのおかげで、クルマとバイクと自転車は、不用なニアミスで火花を散らしている。

こうした道路中央部の拡張は、変更された国家のルール(道路構造令)の賜物だ。

なんでもかんでも霞が関で決めるから、ユーザーのニーズからかけ離れた道路ができてしまうのだろう。


2006年5月
神奈川 江ノ島大橋